茨城県立中央病院は、実践的なプログラムで人材育成に取り組んでいます。

臨床研修の理念等

臨床研修の理念

写真プライマリ・ケアの基本的な診療能力を身につけ、医療の社会的役割を理解しながら良質な全人的医療を提供できる医師を養成する。

 

臨床研修の基本方針

1.基本的診療能力

急性期疾患を中心として如何なる患者の初期診療にも対応できることを目標とし、プライマリ・ケアの基本的な診療能力(態度、技能、知識)を養成する。

2.問題解決能力

科学的妥当性に基づき診療上の様々な問題に取り組み、自ら問題解決を行い良質な医療を提供できる能力を養成する。

3.チーム医療

診療チーム内における自らの役割を理解し、リーダーシップを発揮しながら医療・福祉・保健の幅広いメンバーと協調できることを目標に、コミュニケーション能力を身につける。

4-1.<平成31年度まで>医療人としての人間性

患者のおかれた状況を適切に理解し,インフォームド・コンセントの精神に則り,思いやりの医療が提供できるように医師としての人間性を涵養する。

4-2.<令和2年度から>医療人としての倫理観・プロフェッショナリズム

医師としての社会的使命を自覚し、患者の人間性や価値観を尊重しつつ適切な医療を提供出来るよう心がけ、さらに常に自らの資質・能力の向上に努める基本的価値観 (プロフェッショナリズム)を身に付ける。

5.地域医療

医学及び医療の果たすべき社会的役割を認識し、さらに茨城県中北部の医師不足の状況を理解し、地域医療に貢献できる医師を養成する。