茨城県立中央病院は、実践的なプログラムで人材育成に取り組んでいます。

初期研修医募集要項

研修医の募集定員数並びに募集及び採用の方法

◇「平成29年度臨床研修医」募集要項(平成28年7月,8月の採用試験実施分)

募集定員(基幹型) 11名
※一般6名,本県修学生(地域枠,一般枠)3名,自治医科大学卒業医師2名。
受入定員(協力型) 年度予算に基づき,基幹型臨床研修病院と打合せのうえ決定します。
募集方法 本ホームページのほか,茨城県立中央病院ホームページ等にも募集要項を掲載します。
選考方法 次のとおり採用試験を実施し,合否判定及び医師臨床研修マッチングを経て,採用を決定します。
実施日 ① 7月29日(金) ② 8月5日(金) ③ 8月26日(金)
スケジュール 14時30分-集合(集合場所は追って通知します)

14時45分から15時45分まで-筆記試験(小論文)

15時45分から16時00分まで-休憩時間
16時00分から17時00分まで-筆記試験(英語医学論文の和訳)
17時00分から17時15分まで-休憩時間
17時15分から-面接試験

※実施時間は変更することがあります。
※面接試験終了後は,各自,解散とします。
※後日,電子メール又は電話により,試験結果を通知します。

※各回の申し込み者が多数の場合は,会場等の都合により,応募書類が後着の応募者について,別日程を指定して実施することもあります。ご了承ください。

応募方法 次の書類を添えて応募してください。
臨床研修申込書(エクセルファイル形式 約48Kb)
② 成績証明書
③ 医師免許証の写し(既卒で国家試験に合格している方のみ)
郵送先:
〒309-1793
茨城県笠間市鯉淵6528
茨城県立中央病院
臨床研修管理委員会事務局
臨床研修医採用試験係
応募締切日 第1回は7/21必着,第2回は7/28必着,第3回は8/18必着。
試験項目 筆記試験(小論文及び英語医学論文の和訳),面接試験
問い合わせ先 茨城県立中央病院
臨床研修管理委員会事務局 田口,鶴井
電話 0296-77-1121
ファクシミリ 0296-77-2886
電子メール kenshu@chubyoin.pref.ibaraki.jp

 

研修医の処遇に関する事項

1 身分等

(1) 身分は,茨城県非常勤特別職職員第1種嘱託員(臨床研修医)とする。

(2) 研修時間は,月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分までとする。

(3) 日当直は月間4回程度とし,日直については時間外手当を支給し,当直は別に定める当直手当及び時間外手当を支給する。

(4) 年次有給休暇は,継続勤務した1月につき1日を付与し,入職日から6月を超えて継続勤務した場合に,10日から、既に付与した年次有給休暇を差し引いた年次有給休暇を付与する。

 

2 給与等の概算(平成27年度実績平均 月例報酬額)

1年次:約525,129円

2年次:約536,420円
※ともに,各種手当(月4回程度の救急宿日直研修手当等)を含む。

 

3 福利厚生等

(1) 健康保険,厚生年金,雇用保険,労働者災害補償保険に加入する。

(2) 代用公舎規程に基づき,病院が借り上げる民間アパートを利用出来る

(敷金・礼金・仲介手数料等の入居時費用は病院負担。毎月家賃の一部を本人負担)

(3) 年に2回の健康診断を行う。

(4) 茨城県と日本ACLS協会が共同で開催するBLS及びACLS講習については,費用を支給又は補助する。

(5) 各種医学文献検索サービスを利用できる。

(6) 研修医専用執務室(レジデント・ルーム,平成26年3月改装)を使用できる。同執務室には,個々の自席及び収納スペース,仮眠室,電子カルテ端末,複数の共用パソコン,無線LAN設備(持込PC利用可)やLANプリンター等の設備があり,専任の事務担当者を配置している。

 

4 修了後の進路等

本プログラムを修了後は、個々のキャリアプランについて良く進路を相談できる体制があり,茨城県職員として当院の(希望分野の)後期研修医となることもできる。平成27年度も実績あり。

 

5 その他

(1) 医師賠償保険は,個々での加入を必須とする。

※入職時に医師賠償責任保険の被保険者証(写)を提出すること。

(2) 当院の許可無く,他の医療機関等において医業に就くことを固く禁止する。